フィルム型白金測温抵抗体

フラット&フレキシブル。曲面にもフィットして設置でき、より正確な表面測温を。

これまで1mm以下の加工で白金巻き線素子を封じることは難しく、表面温度を測定するセンサは金属ブロックに封入されたタイプが主流でした。表面温度を測定する様々な状況(配管のR形状「曲面」やタンクの表面、小さな隙間など)によっては、センサを配置することが困難な場合もありました。フィルム型白金測温抵抗体は、「センサそのものに柔軟性を持たせよう」という発想の転換から開発されました。もちろんこのセンサにも、白金測温抵抗体の特徴であるPt100Ωで巻線された極細白金線が封じ込められています。

特徴

【1】薄膜を超えた「フラット&フレキシブル」タイプ
薄膜型の白金抵抗素子などに比べ、センサ部全体がフラットでフレキシブルにできています。感温部も薄く小さいので熱容量に対して優位に測定が可能です。
【2】薄さ0.2mm!小さな隙間からの温度計測が可能
業界最薄0.2mmの薄さで、扉や接合部の隙間など、わずかな隙間からセンサを通すことができます。限られたスペースでの温度測定の可能性を拡げます。
【3】経時変化が小さく、高感度の温度計測を実現
白金測温抵抗体は熱電対に比べて経時変化が小さく、数倍の精度で温度を確認することができます。また、 厚さ≒0.2mmと非常に薄い状態を保持しているため、小さな熱容量に対しても感度良く反応します。
【4】両面テープなどで、繰り返し貼り替えることができる
絆創膏のように、両面テープなどで繰り返し貼り替え使用することが可能です。
※テープの強度や温度に留意しながら使用することが必要です。
【5】用途に合わせ、さまざまな形状タイプで製作が可能

例えば、0.05mmのSUS板を張り合わせ、その隙間にフィルム型白金測温抵抗体を取り付けたタイプのセンサなど、お客様の用途にあわせ、ご指定の形状に加工し納品します。その他、以下のような、さまざまな形状のタイプのセンサも制作/納品可能です。
・液中内でも使用できるフッ素樹脂モールドタイプ
・非磁性タイプやシールドタイプ
・真空仕様など
【6】NXシリーズと組み合わせ、高精度の校正試験を実現
Pt100ΩセンサはJISA級の場合、0℃に対して最大で±0.15℃の誤差があります。ネツシンの次世代計測器NXは、校正したセンサの校正情報(温度特性)を入力することができる計測器です。より精度の高い計測が可能となります。

形状

仕様

NFR-CF シリーズ 製品仕様
抵抗値Pt100Ω
階級JIS A級, B級
規定電流0.5mA, 1mA, 2mA
使用温度範囲Max 200℃(短時間であれば230℃)
導線形式4導線式, 3導線式
フィルム素子(感温部)の大きさ
No 型式 抵抗値 W(mm) L(mm) t(mm)
1NFR-CF2-0305100Ω350.2
2NFR-CF3-0403100Ω430.3
3NFR-CF2-0505100Ω550.2
4NFR-CF4-0505100Ω550.4
5NFR-CF3-0508100Ω580.3
6NFR-CF4-0815100Ω8150.4
その他カスタマイズ可能(お問い合わせください)
カタログPDFダウンロード
フィルム型白金測温抵抗体 NFR-CFシリーズ

get adobe reader当ページのファイルはPDF形式になっておりますので、ご利用になるにはAdobeReaderが必要です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらから

ネツシンテクノロジーの導入事例はブランドサイトをご覧ください。
(c) NETSUSHIN Co.,Ltd. All Rights Reserved.