液体水素(−253℃)に用いる極低温用標準白金抵抗温度計開発に成功!0℃における抵抗値を1000Ωにして、±0.005℃以内でITS-90(1990年国際温度目盛)に準拠 株式会社ネツシン
ネツシンの白金抵抗温度計の技術が、また一歩、未来へと前進します。NSR-13K-1000は、外径φ1.8mm、長さ15mm、0℃において1000Ωのセラミックス素子。国際的な温度の基準であるITS-90に、±5mK(0.005 ℃)以内で準拠する、世界初の標準白金抵抗温度計です。従来の白金抵抗温度計Pt100と比較して、極低温域において10倍の測定感度で温度測定ができます。
10Kでの冷却処理による温度計の安定性試験
産総研による極低温での性能評価結果

世界初!1000Ω極低温用標準白金抵抗温度計

極低温用の標準温度計として最小クラスの 1000Ωのセラミックス素子。1000Ωにすることで、 従来の日本工業規格(JIS)の白金抵抗温度計Pt100と 比較して極低温域において10倍の測定感度を実現。

10K(-263 ℃)とTPW(0.01 ℃)の 繰り返し評価により、TPWにおいて ±1mK(0.001 ℃)以内の安定性を確認。

国内でITS-90を実現し、かつ、日本国と他国との整合性を保証している国内唯一の機関である産総研にて評価。産総研での低温における性能評価により、ITS-90と±5mK(0.005 ℃)以内で整合していることを確認。

小型化で
熱流入抑制効果

センサ形状を小型化することで、センサの熱容量が小さくなり、極低温計測で障害となる熱流入を抑制する効果が生まれます。

液体水素社会
実現の基礎

水素は温室効果ガスであるCO2の排出がゼロのクリーンエネルギーとして期待されています。常温常圧で気体である水素を-253℃まで冷却して液化すると、体積が1/800になり、大量に運搬・貯蔵する際の効率が画期的に向上します。温度を正確に測ることは、液化技術の要です。

現状の課題

日本工業規格(JIS)に規格化されているPt100の下限温度は、-200℃までとされており、液体水素の温度である-253℃を計測するための工業規格は、現状では存在していません。

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

仕様スペック

白金抵抗素子セラミックス 外径φ1.8mm/長さ15mm
抵抗値1000Ω(at0℃)
規格・温度特性1990年国際温度目盛(ITS-90)準拠
分解能0.8 ohm/℃(at -253℃ 従来のPt100の10倍)
測定精度0.01℃ オーダー
保護管SUS316Lφ3.0mm-長さ30mm
リード線白金線φ0.25mm
導線形式4導線式
−253℃のときの抵抗値約4.5Ω(NSR-13K-1000) 約21.7Ω(Pt1000)